@OTODAMA余韻の話をしてもいいですか?ありがとうございます。

2300文字書いてたんですよね、これ、でもさっきフリーズして半分消えました。泣いてる。でも書き残しておきたいから思い出せる範囲で書く…。あたい、負けへん!!!

 

清水音泉の夏フェス、OTODAMA〜音泉魂〜に行ってきたんだけどめちゃくちゃ楽しかった。私の中のパリピがはしゃいだり喪女が泣いたりしていた...。

そもそもオトダマに行くことにしたのは褒めてるのか褒めてないのかわからない前評判(キュウソ曰く毎年ガラガラ快適じゃい!)、被りなしのタイムテーブル、そしてなんといっても個性的なメンツ!昔昔、筋肉少女帯の蜘蛛の糸やサーチライトを聴いて夜な夜な涙していた私は筋肉少女帯の出演を知った時「えっ筋少!?筋少が夏フェスで見れるの!?」と心底戸惑った。しかもオトダマかよ。かくして私の筋少デビューとしてオトダマは選ばれたのであった。上から目線。

 

1日目は人身事故で電車が大幅に遅延して振替輸送という幕開けでかなり苦労した...。でも本当にガラガラだったので、泉大津までついてしまえばすっと会場まで行けた。なんなら入場もめちゃくちゃスムーズだった。全然並んでなかったし。私の知ってる夏フェスじゃない…!あと面白かったのはスタッフさんたちがナチュラルにポリのバイザーかけてたこと。バスに誘導してる人もチケットチェックする人もみんなポリ。そんな面白いことあるかよ、素敵。

岡崎体育もセックスマシーンも見逃し、着いて一番に見たのはアルカラ。新しい曲全然わからないしなぁと思ってたけど、なんとリハから癇癪玉のお宮ちゃん...!なつかし!アルカラ、あまり詳しくないけどその中でも癇癪玉のお宮ちゃんは一番好きな曲だったので本当にテンションが上がった、好き...その後も懐かしい曲がちらほら。MC面白いし全員バカウマだしもう好き...1度は収まった熱がまた燃え上がるようなライブだった、新曲もかっこよかったし新しい音源も聴きたい、ライブも見てみたい。いいフェススタートだった...

OKAMOTO'S、PAN、ORANGE RANGEも見て、どれも思ってたよりかっこよかった。思ってたよりいいってすごいことだと思う。一つずつ書きたい気持ちはあるけど長くなりすぎたので割愛…

 

SAKANAMONも見たかったけど筋少待機のため断念。2枠前ORANGERANGEの時から待機してたけど、既に1.2列目はファンがぎっしりだった…。一時間ちょっと待っていよいよ筋少。めちゃくちゃかっこよかった。筋少のライブを見るのは初めてで、定番曲も全然知らずに行ってしまったけど、全然大丈夫だった。ただ、振り付け?やコールアンドレスポンスは独特のものがあったのでそこは周りに順応…。「問うならば!」とかね。長いバンドならではの長いファン、そして長いファンならではのノリや振り付けがあったので、いきなりワンマンとか行ってたらきつかったかもしれない。フェス自体に賛否両論あるけど、フェスから入る、フェスで観てよかったからライブハウスも行ってみる、みたいなことって少なくないんじゃないですかね!と思いますけどね!

SEは踊るダメ人間(曰く、歌いながら跳んだらバテてしまうからSEに持ってきたらしい。)セトリ。

1.イワンのバカ

2.カーネーション・リインカーネーション

3.日本印度化計画

4.モコモコボンボン

5.サイコキラーズラブ

6.釈迦

 最高。橘高さん美しすぎ…。フェスでアコースティック曲って敬遠されがちだと思ってたけど、サイコキラーズラブが良かった。そしてやっぱり全員バカウマで気持ちよかった…。オーケンに夢中になりすぎて、最後のアンプ破壊に気付かなかった。私がずっと一目見たいと思っていた人。演奏中に寝っ転がって休むし、釈迦のサビはオク下で、オーケンはすっかりおじさんだった。それでも良い、それでもかっこよかった。ずっとずっと見てみたかった。黒特攻から途中で白特攻服になってて、かっこよかった…。私もう特攻服でしかライブしたくないです!!!!サーチライトで蜘蛛の糸で泣いたりグミチョコレートパインを読んでいた青春だってお前のいた場所じゃないか(これは挫・人間)、と肯定された気がした。うーんかっこよかった。そしてMCはさすがの面白さだった。一日目のお目当てを3列目で観れて幸せでした。

 

あと感動したのはSet You Freeステージ?っていう小さーーーいステージのライブ!休憩がてらふら~っと行ったタイミングで、人性補欠のライブ。名前は知ってはいたけど聴いたことはなくて、でもここで見れて良かったなと思った。熱い!夏フェスであんなに拳があがってるところ見たことないです。思わず拳を握りしめたくなるような歌、ライブだった!

おやすみホログラムもまさか生で見れると思ってなかったけどかわいかった...まだまだステージに集まる人は少なかったけど頑張って欲しい...かわいいしかっこいいしパンチがすごい。もちろんドラムス、アヒトイナザワはいなかった。帰り際に聞こえてきたTHE BOYS&GIRLSもよかった...最近なにかと名前を聞くので、気になる。近くでライブしてくれないかな…!

 

トリはPOLYSICS。テンション上がってるのが伝わってくるライブだった、本当に3人だった。初めてライブ見たけどポリスゲェ、観客全員踊ってたし全員ダバダバしてたよポリスゲェ…。

クロージングアクトはDJピ様。パリピだった、パリピの曲二回かかってた…。締めの曲、「関西が誇る国民的スターのこの曲!」って言ったからなにかと思ったら関ジャニのズッコケ男道で、別の畑を暴かれたようですごく照れた…もうぬるめのファンですが!!

 

一日目はこれで終了。一回消えた分を取り戻すくらいには書いた、頑張った…。時間が経って記憶があいまいになって旬を過ぎたけど、やっぱり二日目のこともどうしても書き残したいので頑張って書きたいな。自分のためですが。

二日目のハイライトは以下の通りです、よろしくお願いします。

ハイエース

大森靖子優勝

・志摩遼平とドレスコーズ

銀杏BOYZのサポートボーイズ

・四星球という〆

 

 

 

 

 

2595

人の悲しみを想像して、分かった気になっている自分に直面することが、何よりも悲しい。感受性鋭いごっこも大概にしろ、人の心は人の心によって計り得ないもの。そう思っていても、あらゆる立場の悲しいことを想像しようとしてしまう。傲慢~!!!そして他者を哀れんで自分はまだ大丈夫だと安心しようとしているんだきっと!!世間はこんなにも、蓋を開けずも匂ってくるような悲劇にまみれている、はずなのに、どこか遠い国の話のように感じてしまう。都合よく見ないふりをする。

 

毎日いろんなことが起きている。でもそういうことは、わたしを除いてのように思える。全然悲劇的じゃない。それでいい、これからもそうだといいなあと思ってる!全然悲劇的じゃない。だからたくさん想像して、あーなんて乏しい、そんな人の気持ちを、分かったつもりになりやがって。

長い長い前置き。前置きというか、結論。

 

とっても死に弱い。悲しみに弱い。ペットだっておばあちゃんだってお父さんだって友達だって、私だって、いつか死んでしまうって分かってる。そんなこと誰でもわかってる、でも想像してしまう。普通に会話していて、その瞬間を想像して泣いてしまいそうになることがある。

今まで近い親族が亡くなったことが無くて、だからこれは全部想像の範囲の話。私の頭で考え得る、見聞きしたことの継ぎ合せ。私が満足にその人に何かを与えることが出来ないこと、本音を打ち明けられないこと、感謝を伝えきれないこと、力になれないこと、それらの後悔を残したまま死に目にあえないこと、それがなによりも怖い。大事な人なんてこんなに増えなければよかった、もっと厳選されたままでいてほしかった。全員大事にしたい。全員死ぬ前日に私に教えてほしい。教えてほしかった。

 

誤解のないように聞いてくれ、私、寿命が見えるようになりたいんです。自分のはいいけど、人のが。そうしたら今ほど迷ったり悩んだりしないし、大事な人全員の死に目に立ち会えるようにするし、今よりちょっとは後悔のない人生を送れる気がするし、大事なことを大事にするべき時に大事に出来る気がする。ロマンチスト、妄想癖。デスノートかよ。祈らせてよ。でも、そんなの特大サイズのエゴ!みんなどうやって割り切りながら生きているんだろう。

 

近しい、本当に近しい親族が癌になった。知ったのはおよそ二年前で、たくさん泣いた。どうしたらいいか分からなくて、自分の無力さが悲しくて、ひたすら自転車を漕いだことを思い出す。今考えたら、意味がわからないけど...。電話で癌のことを聞いてから初めて会ったときも、あと何回会えるのかと想像して泣いた。抗がん剤はお休みしていたけど、最近具合が悪くなって再開。別れを延ばす手段なはずなのに、それを試せば試すほど、別れが近づくように感じる。不思議!会って話しても元気そうで、普通に過ごしていて、だからそれに甘えて、背景にはずっと目を瞑った。ずっと元気でいてね、なんて小さい頃はよく言っていたけど、もう軽々しくは言えないなぁ、ずっと元気でいるなんて無理だもんね、うーん。悲しい。本人が一番辛いことも分かっているけど。あの覚悟を含んだ笑顔を見ると、いや思い出すだけで、どうしても涙が出る。どんな気持ち?本当は不安?何を想像したかなぁ、

そんな時、あの自分に出くわしてしまう。これこそ全部想像の範囲の話。全然悲劇的じゃない、ゆとりの私の、悲劇のつまみ食い。

 

もう一つこの流れにまつわることで書きたい 話があるけど、長くなりすぎたのでそれはまた今度...。

私は私のことをすぐ批判して、こういうところがだめだ考え方がだめだと書きたがるけど、それは突き詰めれば自己愛で、予防線をたくさん張りたいだけだ。自分のことは好きだし、傷つきたくないし。私に足りないのは覚悟だと思う。あらゆる覚悟。

 

 

HELLO HAWK - さかなは鈍感 - YouTube

 

さかなの目

さかなの目

 

 

 

 1720

 

いやはや、すっかり抜け殻だ。就職活動を終え、バイトも程々、バンドも再開することなく、淡々と過ごす日々。早起きするのもいい、昼まで寝るのもいい。何にもない、実りのない日々。

学べることは学んでおかなきゃねと思ってはいるものの、未だに就活終わったばっかりだし遊びたい、の気持ちも抜けず。もうひと月も経ってた。そういうとこやぞ!!!

辛い時の方が面白い文を書けるというのは絶対そうで、こんな毎日じゃ日記にもならない。言葉にする価値なし。言葉にしたいわけでもない、しなくて済むならそれでいい。でも人間たまには刺激が欲しくなるものらしいですよ、なにかしら。

 

王様の耳はロバの耳。悪いことしても別にいいよ、私が笑える範囲なら。内緒話への執着がまるでなくて、知らないことは知りたくないし、人に教えたいとも思わない。一時の面白さより自分への信頼の方が大事だと思ってる。でもこんな退屈の中だったら、握ってるだけで退屈しのぎくらいにはなるかなって。そう思っていたけど、実際握ってみるとその重みで胃もたれした。

王様の耳はロバの耳、でもこの話のポイントは、王様が床屋を責めることなく、結局正直に告白したことだ。ほんとかよ。本当は床屋、殺されてたりするんじゃないの??王様だって、異端だって批判されたりしたんじゃないの??私は、これ、とっくにバレてたんじゃないかなと思う。みんなとうに知ってて、もう笑い話にするのにも飽きてたんじゃないか。秘密だと思ってたのは、王様と床屋だけ。2人とも滑稽だ。

秘密には時効がある。旬を過ぎてしまえば、どうせいつかはバレるんだから。

ただ、秘密を責めれば責めるほど、秘密を武器にしていることの下らなさ、自分の卑しさに気付かされる。私は床屋なのか。うーん。本当は全然怒ってない、だって他人事。私に秘密が出来たとき、井戸に向かって叫んでしまうようなバカにバレるのも嫌だけど、私のような意地の汚い人間にもバレたくはない。

だってほら、夏終わっちゃうし、ばかばっかだし。

 

ばかばっか

ばかばっか

 

 

923

 

モテたい。いつでもモテたい。てゆーかマジでモテたくない?モテたい痩せたい恋をしてみたい、少しちやほやされてみたい。って歌があるけどまさにそうだ。包み隠さずに声を大にして言いたい。モテてみたい。マジでずっと喪女板見てた。喪ゲ女とか...懐かしいね...。それでめちゃくちゃ共感して、ドゥフドゥフ笑ってた。こりゃモテない。異性に限らず、人に好かれたいというか、モテたい。いつになっても口をついて出てくるのは、私のお粗末な青春時代を取り返したいからだと思う。

ずっとずっとパッとしない子だった、いや今でもそうだ。吹奏楽一筋で引退すれば勉強、というように、中学も高校も過ごしてきた。自分にだけ向き合ってきた青春たち...。それはそれで悪いものじゃなかったし、いい経験だった。なんなら今の自分よりあの頃の自分の方が好きだ。でもやっぱ絶望的にモテなかったよな。ありのままで受け入れて!みたいな自我が強すぎるし、偏屈で卑屈だし、ずんぐりむっくりだし、なんとも。モテるってなんだ、もう書きすぎて分からなくなってきた。

 

モテたい。最近ある決断をした。就職先を決めました。今までやっていた勉強とは全く関係ないことだけど、将来性はある仕事だと思ってるので、頑張りたい。けっこう大変そうで、全国転勤。でも楽な仕事なんてないだろうし、人生で最初につく仕事には、合ってるんじゃないかなと思う。本当にポンコツな私にはちょっと、いやすごく背伸びしないといけなくて、こういうバリバリでバチバチの仕事に就くことは、多分だけど、また自分に向き合うことになるんじゃないかなと。吹奏楽とか、勉強とか、真面目にやってた自分に戻れるかなぁ、そう期待して、この決断をした。多分自分には無理だろうなでやめるのダサいから頑張ってみることにした。死んだりしないように見守っててね。自分に向き合って、またモテない。モテない人生。まぁでもあれだよ、性に合ってるんだと思う。

 

昔家族でよく行った隣県の水族館が長期閉館になってしまうらしい。不況だ、と思った。長期閉館とか言って、もう二度と開くことはないんだろう。魚達はどこへ行くのか...と思っていたら、リニューアルオープンするらしい。建て替え!驚いた。あんな片田舎の水族館が!意外と儲かっているんだな、というかなんだよ、意外とイケてるんじゃないか世間。新潟上越の小さな水族館。新潟上越、流行ってるしね。イケてるな。私もがんばろ~。

 

この日記死ぬほど砕けてるな、それもいっか。おわり~

水流のロック

水流のロック

  • 日食なつこ
  • J-Pop
  • ¥250



1168

 

 

20日ぶりに家に帰ろうとしています。私自身、一体いつどこにいたか思い出せない。7月、全然記憶が無い。あんまり夏が来た実感もないのは、夏服を着てないからでしょうか。真っ黒なスーツ、ただただ暑い。顔も暗いしね、喪服みたいだよ、センスないよなほんと。就活は、ひと段落したけど、まだちょっとだけ続く。でも人生はもっとずーっと続く(多分)。

なんだかすっかり日記が書けなくなってしまった。それはパソコンが使えない環境だからとかではなくて、何を書いたらいいかわからないから。伝えたいことも、書いて発散したいような渦巻いた思いも、それを書く気力も、すっかりなくなってしまった。

 

久しぶりに実家に帰って久しぶりに体重計に乗ったらいまだかつてないくらい太ってた。まじで?????もう夏だしだんだん取り返しがつかない事になっていくなぁ。デフォルトがデブなので、激増!みたいなのが今まであんまりなくて、「増えたらそのうち減るでしょ~」って感じで気にしてなかったし実際そうだったけど、すごい。すごいヤバイ。もうモチモチとかぷにぷにとかおこがましい...今までも言ってなかったけど...。全身ブヨブヨ...なにこれ...。もう何から手をつけていいかも分からんくらいヤバイ。体が贅肉まみれで気持ち悪い...頑張って痩せたいと思います。でも来週ビアガーデンだ...楽しみすぎるのでビアガーデン終わったら痩せます。たくさんビアー飲みたいです、夏!!

 

あと東京でどうしてもコンタクトが足りなくなってしまって、眼科へいったらアレルギーだからコンタクトお休みしてください、とのこと。まじで.............。毎日目薬をよくさして早く治したいと思います。健康って大事ですね。何よりも大事。視力も下がってた。目良くなりたい。

 

GLIM SPANKYの「大人になったら」、

就活の終盤でずっと聴いてた。面接帰り、雨降りの茅場町で、悔しくて傘の中で泣いた。思い出の曲になってしまった。やっぱり私は、自分のことを貶しながらも自己愛に溢れてて、自分を守りたいし、覚悟は全然ない。

こんなロックは知らない 要らない

聴かない君が

上手に世間を渡っていくけど

聴こえているかい

この世の全ては

大人になったら解るのかい

 

大人になったら

大人になったら

  • GLIM SPANKY
  • ロック
  • ¥250

 

 

1000


 

偏見が一番の敵だ、私が作った偏見でいくつもの可能性を潰してきた。私のこと、私が潰してきた。取捨選択はもちろん大事だ。最初からなんでも信じたり受け入れたりすることは怖いし、わからなかった時は悲しいし、傷つきたくないんだよ、無駄打ちなんてしたくないし安牌選んで行きたいな。でもそれでいくつもいくつも潰した。

それに今気付けてよかったね。潰れた可能性たちは甦るかな、それはちょっと無理かな。毎晩毎晩それっきり目覚めないつもりで眠って、毎朝毎朝新しい自分で生まれたつもりで起きて、毎日生き返したい、ぶっ生き返すぞ!

 

例えば久しぶりに飲んだ缶チューハイが美味しかったこと、ニラは蒸すとおいしいと教えてもらったこと、iPhoneはたまにケースを外して使うと気持ちいいこと、あの店の店主のおすすめが心地よいこと、サンダルを買ってしまったこと、そんなことでいい。

 

the pillowsがツアーするってさ、行きたいな。10月は(当たれば)小山田壮平、(行ければ)ナードマグネット、(学祭と被らなければ)コレクターズだ。あついな~。あとウェリントンズも行けたらいいな。

 

実家に帰ってきました。帝一の國おもしろっ。映画もみたい。ライチ☆光クラブも読みたい。おやすみなさい。

 

 

532

今日も明日も自分を無駄打ち!バンバーン!!

もっと実りのあるブログを書くべきなのか...。メルカリの発送方法とか書いてたら、ブログで食べていけるかな。

 

 最近はといえば風をたくさん含むブラウスが欲しくて、でもお金は使えなくて、理想通りのものもなくて、だんだん物欲が失せていきますね...。風で膨らむシャツがナントカって歌を聴いたらそういう服が欲しくなっちゃうな。袖が大きくて半袖よりは長くて、肩がちょっと落ちてて、素材はテロテロしてて、とにかく風をいっぱい含むのがいいんです。友達が作った真鍮の細い腕輪に似合いそうな白で。

ワンマン電車の整理券に思いを馳せる。どこまでだって行けてしまう、こんなの!君がその気なら!誰に知られることもなく、決めた場所が目的地になる。すごいシステムだ。東京じゃこうはいかないからね多分。わたしはこの街が好きだ、とても好きだ。離れるときにはきっときっと泣いてしまう。遠い街から帰りながらそう思った。勝手だなほんと、勝手なんですよ。

とにかく止まらず進んでいないといけないことが苦手だ。根が一休さんなのでいくらでも一休み一休みしたい。人間は動く歩道なんて作ってバカみたいだ、どれだけ生き急いだって足りないし、私の歩幅じゃ足がもつれてすぐ転んでしまう。全然立ち直れなくてずっと這いずり回ってる、でも、もつれた足で走らなきゃね!

 

深夜高速

深夜高速

 

 こういうことですよ。おしまい

 

 

653