そして、これからも歩く、一人でも。冷たい雨がひっきりなしに振り続けても、救いなんてなくても、大丈夫、まだ歩ける。歩き続ける足の指の隙間から水がしみ出しても、袖口の色が変わっていても、大丈夫、まだまだ歩ける。私はすごく図太くて、だから熱いシャワーの一つでも浴びればきっと。あまりにも大丈夫な自分は、可愛げがないけれど、でも生きていくにはうってつけだ。

結局何の覚悟も勇気もなかったのが悪い、タイミングを逃してばかりで寂しい。

熱いシャワーを浴びる、陽の光を浴びる、いい香りを纏う、洗濯をする、良く晴れた日にシーツを干して、シャツを洗えば、平気にも、ずるく平気なふりにもなれる。きっといつかはそうやって、平気なふりをしながら、私の事を忘れるのよ、いつかの想いも消えて、人類皆後ろめたい気持ちを持たず、幸せになれますように。そんな言葉と裏腹に人の幸せを呪ってしまう私が、誰より一番幸せになれますように。あらゆるしがらみを逃れて、人に愛されますように!

最近肌寒すぎ!ひー!!冬が来る!!!寒いのと天気が悪いのがどうしても苦手だ。冬より夏の方が好きだし、朝は太陽のまぶしさで起きたい。単純なんですよ。布団はなるべく薄着で入りたい。いい香りのボディミスト買ったから誰に知られるでもなくいい香り。本当は知られたい。昼に起きて夕方まで寝て、寝すぎ。そしてもう寝ようとしている。楽しい楽しい一日のあとはさびしくて、ぼんやりぼんやりしていた。まじで何にもしてない。生産性がない。最近はすごく暗くて、訳もなくという訳でもなく、いや、冬の入り口は毎年こんなもんだったなとも思う。人に会いたい、会えない、喋りたい、喋れない、肯定されたい、愛されたい、生活をしたい。生活ってこんなに惨めだったかよ。十数日、数週間もたてば、なにか大きなきっかけがあれば大体いつも開けるような霧が、いまはまだ立ち込めていて、それに甘んじて布団でゴロゴロしているわけですよ、ね。全然だめだけど、そのうちアレ、何に悩んでいたかな?と思うくらい急に立ち直ると思います、いつもそう。単純なので。

 

ナードマグネットのライブを観てきた。最高最高最高。セトリは須田さんがあげていた通りだけど、アンコールはテキサスシンデレラ、Mixtape、僕たちの失敗(順番自信なし…)でもう最後まで最高。前見たときはインストアイベントだったからわからなかったけど、秀村さんのドラムはめちゃくちゃ力強かった。派手ではないけど堅実でTHIS IS パワーポップ。藤井さんはめっちゃ顔で弾いてたけどさすがの上手さだしともにゃんは振る舞いというか動きが最高にクールそして上手…あと顔がすごく小さくてかわいい、汗かかない…。須田さんかっこよかった声たっか歌うまぁ。ナードマグネットはナードでイケてない僕らの味方、ひとりぼっちの味方だけどヒーロー。あんまり見たことないけど、アメリカの映画の、普段は何をやっても冴えない少年がヒーローに変身する、みたいな、アレ。あんまり見たことないけど。トラジコメディ聴けなかったのは少し残念…。でもエレノア聴けてうれしい!ていうか何を聴いてもうれしい。全部聴きたい。全部100点の名曲ってそんなことあるかよ。ナード、コーラスがめちゃくちゃ良くって、それが活きてるこの曲を聴けたのもうれしかった~。

グッバイ

グッバイ

  • ナードマグネット
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

メンバーはめちゃくちゃ普通にフロアにいるし終演後も気軽にお話できて、写真も撮っていただけたしうれしい…。あとHoliday recordsのTシャツ着てたら触れてもらえてうれしい…。ただのファンの感想…。ライブレポが下手!オトダマ二日目の日記も書きたいのにどんどん日が過ぎていく…ああ…

 

今年、本数こそそんなに多くはないけれど、すごいライブを目撃している気がする。

AgeFactory、LOSTAGE、ゆれる、カネコアヤノ、それからナードマグネット…なんか忘れてる気もするけど、いずれもすごかった。場所、規模、ジャンルが違えど、揺さぶられたのは確か。感受性が生きてる限り、そういうライブをたくさん観たい。たくさんたくさん。

 

 夜は寝つけないし深夜におなかすきがち。肉まんとか食べたい。自堕落~。おしまい。

 

 

1363 

金曜夜なのに一人で映画を見ている。

#ていねいな暮らし の人なので意味もなく買ってきたかすみ草の花束の半分を万年筆のインクで青く染めました。まばらだけどちょうどいい青に染まったので、壁のLOSTAGEのTシャツの首元にひっかけました。BLUE。洒落というか、小ネタというか、でも人生にはこういう小粋なジョークが必要。どうしようもないような事件と、いつもと変わらぬ日々は、まるでクソ映画のような出来合いの嘘にあふれてる、聞かせてくれないか、旅人たちのイメージを!

 

生まれて初めて髪を染めた。アッシュ系の茶色、いい具合に入ってうれしい、染めたか染めてないか微妙なくらいだけども…ちょうどいい。無理しないくらいの色。気付かれないくらいがちょうどいい。

最近は卒論が全然どうにもならなくてちょっとセクシーな中国映画ばっかり見てます。なんだこの生活は、ビデオ店には変な人だと思われてるかもしれない。本当はインド映画で卒論が書きたかったよ、でも本当の本当は宮沢賢治中原中也がよかったな。でも一番好きな物には多分しない方がいいから、嫌いになっちゃったら嫌なので。もうなんでもいいから書き上げたいし卒業したい。なんか普通に卒論で落ちることってあるらしいですね、怖…。

 

最近すっかり昼夜逆転してて、寝たと思ったら夜中に目が覚めて、悲しい。しかも目覚めたら耳元で蚊の音がして、がっつり顔三か所くらい刺されてた。そのあと寝直してみた夢は最悪で、目覚めも最悪、なんか救いがない。毎晩寝つけなくて秋の楽園ツアーの映像をぼんやりと流して、腹を痛めたり泣いたり怒ったり、満たされたり寂しがったりしている。毎日毎日ちょうどいいはずなのに、私の身の丈に合った救いのない毎日だなぁ、いろいろ詰んでるから一個ずつ処理したい。

 

銀色夏生が好き。詩人。 「ポケットの中で 星が揺れたので」は話題の斉藤由貴さんが歌っていたけど、すごくよい詩。「月夜にひろった氷」という詩集の中の、「リムジンに僕を乗っけてよ」もすごく好き。なんかいろんな人をいつも気遣えない自分のことを思ってしまう。

マカロニがくっつくからかきまぜてって

いつものように なんでもないのに

早く僕に どなってよ

僕がバカだから

君は僕を嫌うかい?

嫌うかい?

「リムジンに僕を乗っけてよ」についてもっと知りたくて検索したら、全然ヒットしないばかりかTHE BLUE HEARTSの「青空」の歌詞が出て来た。「僕も乗っけてくれないか」ね。いやいや、その歌はリムジンになんて乗ろうと思ってないよと思って笑った。

 

 今週はナードマグネット、来週は内田万里、小山田壮平山中さわお!楽しみ山盛り!それまでにいろいろなんとかしたい!去年のこれくらいの時期に小山田壮平の弾き語りを見に行って、そのとき歌っていたこの曲、長澤知之の「コーデュロイ」がとてもよくて、寒くなってくると思い出す。その場でバキバキに号泣して、帰ってすぐに注文した。Youtubeとかでは聴けないけどすごく勧めたい曲。届けられる範囲ならCDを貸すので聴いてほしい…。でも、今年は私が「この町にお別れ」をする番だから、ちょっと違ってくるな。惜しんでもらいたいみたいだな。

だいぶ前にも書いたけど、身軽で開き直ってる人はかっこいい。

rinnnnna.hatenablog.com

私もそうでありたいと何回だって思うぜ、なんにも怖くないぜ。投げやりになって全てを捨てようとしてみたり、何回だってしたぜ。でもやっぱり寂しいですね。四年間は長いとも短いとも言い難くて、重い。ただただ、重かった。愛着も執着もない人を目指して、がんばる(?)断捨離断捨離

コーデュロイ

コーデュロイ

 

 

1550

イチなんか、 勝手にふるえてろ

 

読んだのは数か月前、初めての綿矢りさ。面白かったけど、特に話題に出すこともなく終わった。でも今更思い出して思う、主人公の拗らせ具合は、ベクトルは違えど自分を見ているようだった。だから話こそ面白かったけれど、主人公のことはどうにも好きになれなかった。ああだこうだ言ってバカみたいに高い理想を立てて私ならもっともっと幸せになれると本気で思って、駄々をこねまわして大事な事は失った後に気付く。後から泣き言を言って、縋って、なんか情けない。我が妙に強いところも、わかる。私か、私なのか、これは。テンポが良くて話は面白い、でも読んでてちょっと辛い気持ちになったのは、そのせい。

 

勝手にふるえてろ (文春文庫)

勝手にふるえてろ (文春文庫)

 

 

愛されたい。最初からなければほしいと思うことなんてなかったのに、一回もらってしまったら、その分貰い続けないと困る。困るんだよ、困った!人からの愛がないと生きられないようなダサい弱い女じゃない。強い女でいたい、したたかでいたい、でも弱くもありたい。弱くないと誰も与えてくれないじゃないか、だからしたたかに弱いフリし続けたい。一方で、愛されたいなんて甘ったれたことを言う弱さを隠して強いフリもしたい。わがままで気難しい、本音がどこにあるのか自分でもわからない、でもとにかく今は、選り好みしないから愛されたい。後出しがずるいのはわかってるけど、出し逃げだってとんだズルだと思う。浮かれて喜んだりしちゃったじゃないか。私の人生は、ちょろくてダサくて恥ずかしい。もしかして全部うぬぼれだったのかもしれないし勘違いだったのかもしれない。そう思わないと、「もうもらえない」「今はない」ことを受け止められない。なくなるんなら最初っからくれるな。こんなことばっかりだ。

こんな恨み言は全部愛情の愛着の執着の裏返しの裏返しの裏返しの成れの果て、絞りかす。こんなにダサいのはこれが最初で最後。悲しんでも苦しんでも、私は結局強くて怖い女だから、心配しないでください。あんたなんか、勝手にふるえてろ

C7

C7

 

 

1008

 

 

なにか書きたい気がするのに言葉が出てこなくて苦しい。吸えもしない煙草をひと箱買った。煙草は好きじゃない、でも煙草を吸う人の気持ちになってみたかった。なりたかった。ビニールはきれいに剥がせた、上手に一本取り出せなかった、かわいい私。吸い方も持ち方も咥え方もわからなかった、咥えてみたけど怖くて吸えなかった、根性なしの、かわいい私。かわいいかわいい自己があまりに尊大で今日も歩けない。処分に困るいかしたパッケージ。鮮やかな橙、喫煙はあなたにとって肺がんの原因の一つとなります、妊娠中の喫煙は、胎児の発達障害や早産の原因の一つとなります。全員いつか死ぬんだから変わらないよ~、嫌嫌言ってたけど何がいけないのか自分でもわからないな。ね。そうだよ。別に悪くない。2本、人と一緒に吸ってみた、全然良さなんてわからなくて安心した。臭いし喉は変な感じだし落ち着きもしなかった、吸い方があってるのかもわからなかった、安心した。煙草を吸うより恨み言を日記に書く方がずっとずっと心が落ち着いた、性に合ってた。

 

染まるよ

染まるよ

 

 

正しいと思うことは何か考えて、それに沿って生きて来たな、自分の正しさを信じてたけどそんなの全然誰の役にも立たなくて、正しくて、だから何?正しさは優しさにはならない。人の気持ちを考えるのって難しい、本当に難しい、一生正解なんてないし、型もない。何回試してもその都度答えが変わって、じゃあどうすればよかったんだろうって思っても正解はやっぱりわからない。セーブとロードがあったらいいのにな。人の気持ちを考えられる人になりたい、優しくなりたい。モテたい。愛されたい愛されたい愛されたい。必要とされたい、人と喋っていたい。

私が悪かった、わかってる、でもそれなら私だって言いたい悲しかった。隠し事が悲しかったほんの少し悲しかった、笑い飛ばせるようになってしまったことが悲しかった、慣れてしまったことが悲しかった、でもだんだん悲しくもなくなったことが一番悲しくて怖い。いやよいやよも好きのうちだ、無関心になったらおしまい。笑い話にするのが早すぎて、そんな自分が一番怖い。勝手に期待して勝手に傷ついて自分勝手だ、やっぱり私が悪い。この世の全てに愛されたいこの世の全てを愛したいと思っているのは本当なのに、どうやら本音は謙虚でいられないらしい。

 


YeYe - ゆらゆら(Official Music Video)

 

1040

永遠に許せないことってあります?私はあんまり無いです。多くの人がきっとそう。思い出すだけで息が苦しくなったり心臓がドキドキして眠れなくなるような怒りなら何度も感じたことがある、でもそのエネルギーって永遠じゃなかった。かなり、相当根に持つタイプだけどそれでも永遠ではない、永遠ではいられなかったしなにかに昇華することも出来なかった、消化不良だと思ったことでも気付いたらゆっくり消化してた。残念ながら全然メンヘラじゃないしフィジカルも至って健康、身も心も傷付いた面したいのに健やかすぎて全然無理。平凡。コントロールしやすい自己!

怒りっぽいし世の中には許せないことたくさんあるけどいずれも私にはどうにも出来ない事だということを理解して、それを納得してしまったら熱は上がらない。ライフハックみたいなものだ。どうにもならないことに対して怒るの時間の無駄じゃない?って散々言い聞かせても怒ってたのに、スイッチでもあったかのように人は冷静になれるものだ。ポチッ。

気に食わなくないけど気にも留まらない。こんなことになるんなら寝癖のままでよかった。永遠に許せないことがなくって、生きやすくてよかった。よかったよかったよかった

メッセージ

メッセージ



@OTODAMA余韻の話をしてもいいですか?ありがとうございます。

2300文字書いてたんですよね、これ、でもさっきフリーズして半分消えました。泣いてる。でも書き残しておきたいから思い出せる範囲で書く…。あたい、負けへん!!!

 

清水音泉の夏フェス、OTODAMA〜音泉魂〜に行ってきたんだけどめちゃくちゃ楽しかった。私の中のパリピがはしゃいだり喪女が泣いたりしていた...。

そもそもオトダマに行くことにしたのは褒めてるのか褒めてないのかわからない前評判(キュウソ曰く毎年ガラガラ快適じゃい!)、被りなしのタイムテーブル、そしてなんといっても個性的なメンツ!昔昔、筋肉少女帯の蜘蛛の糸やサーチライトを聴いて夜な夜な涙していた私は筋肉少女帯の出演を知った時「えっ筋少!?筋少が夏フェスで見れるの!?」と心底戸惑った。しかもオトダマかよ。かくして私の筋少デビューとしてオトダマは選ばれたのであった。上から目線。

 

1日目は人身事故で電車が大幅に遅延して振替輸送という幕開けでかなり苦労した...。でも本当にガラガラだったので、泉大津までついてしまえばすっと会場まで行けた。なんなら入場もめちゃくちゃスムーズだった。全然並んでなかったし。私の知ってる夏フェスじゃない…!あと面白かったのはスタッフさんたちがナチュラルにポリのバイザーかけてたこと。バスに誘導してる人もチケットチェックする人もみんなポリ。そんな面白いことあるかよ、素敵。

岡崎体育もセックスマシーンも見逃し、着いて一番に見たのはアルカラ。新しい曲全然わからないしなぁと思ってたけど、なんとリハから癇癪玉のお宮ちゃん...!なつかし!アルカラ、あまり詳しくないけどその中でも癇癪玉のお宮ちゃんは一番好きな曲だったので本当にテンションが上がった、好き...その後も懐かしい曲がちらほら。MC面白いし全員バカウマだしもう好き...1度は収まった熱がまた燃え上がるようなライブだった、新曲もかっこよかったし新しい音源も聴きたい、ライブも見てみたい。いいフェススタートだった...

OKAMOTO'S、PAN、ORANGE RANGEも見て、どれも思ってたよりかっこよかった。思ってたよりいいってすごいことだと思う。一つずつ書きたい気持ちはあるけど長くなりすぎたので割愛…

 

SAKANAMONも見たかったけど筋少待機のため断念。2枠前ORANGERANGEの時から待機してたけど、既に1.2列目はファンがぎっしりだった…。一時間ちょっと待っていよいよ筋少。めちゃくちゃかっこよかった。筋少のライブを見るのは初めてで、定番曲も全然知らずに行ってしまったけど、全然大丈夫だった。ただ、振り付け?やコールアンドレスポンスは独特のものがあったのでそこは周りに順応…。「問うならば!」とかね。長いバンドならではの長いファン、そして長いファンならではのノリや振り付けがあったので、いきなりワンマンとか行ってたらきつかったかもしれない。フェス自体に賛否両論あるけど、フェスから入る、フェスで観てよかったからライブハウスも行ってみる、みたいなことって少なくないんじゃないですかね!と思いますけどね!

SEは踊るダメ人間(曰く、歌いながら跳んだらバテてしまうからSEに持ってきたらしい。)セトリ。

1.イワンのバカ

2.カーネーション・リインカーネーション

3.日本印度化計画

4.モコモコボンボン

5.サイコキラーズラブ

6.釈迦

 最高。橘高さん美しすぎ…。フェスでアコースティック曲って敬遠されがちだと思ってたけど、サイコキラーズラブが良かった。そしてやっぱり全員バカウマで気持ちよかった…。オーケンに夢中になりすぎて、最後のアンプ破壊に気付かなかった。私がずっと一目見たいと思っていた人。演奏中に寝っ転がって休むし、釈迦のサビはオク下で、オーケンはすっかりおじさんだった。それでも良い、それでもかっこよかった。ずっとずっと見てみたかった。黒特攻から途中で白特攻服になってて、かっこよかった…。私もう特攻服でしかライブしたくないです!!!!サーチライトで蜘蛛の糸で泣いたりグミチョコレートパインを読んでいた青春だってお前のいた場所じゃないか(これは挫・人間)、と肯定された気がした。うーんかっこよかった。そしてMCはさすがの面白さだった。一日目のお目当てを3列目で観れて幸せでした。

 

あと感動したのはSet You Freeステージ?っていう小さーーーいステージのライブ!休憩がてらふら~っと行ったタイミングで、人性補欠のライブ。名前は知ってはいたけど聴いたことはなくて、でもここで見れて良かったなと思った。熱い!夏フェスであんなに拳があがってるところ見たことないです。思わず拳を握りしめたくなるような歌、ライブだった!

おやすみホログラムもまさか生で見れると思ってなかったけどかわいかった...まだまだステージに集まる人は少なかったけど頑張って欲しい...かわいいしかっこいいしパンチがすごい。もちろんドラムス、アヒトイナザワはいなかった。帰り際に聞こえてきたTHE BOYS&GIRLSもよかった...最近なにかと名前を聞くので、気になる。近くでライブしてくれないかな…!

 

トリはPOLYSICS。テンション上がってるのが伝わってくるライブだった、本当に3人だった。初めてライブ見たけどポリスゲェ、観客全員踊ってたし全員ダバダバしてたよポリスゲェ…。

クロージングアクトはDJピ様。パリピだった、パリピの曲二回かかってた…。締めの曲、「関西が誇る国民的スターのこの曲!」って言ったからなにかと思ったら関ジャニのズッコケ男道で、別の畑を暴かれたようですごく照れた…もうぬるめのファンですが!!

 

一日目はこれで終了。一回消えた分を取り戻すくらいには書いた、頑張った…。時間が経って記憶があいまいになって旬を過ぎたけど、やっぱり二日目のこともどうしても書き残したいので頑張って書きたいな。自分のためですが。

二日目のハイライトは以下の通りです、よろしくお願いします。

ハイエース

大森靖子優勝

・志摩遼平とドレスコーズ

銀杏BOYZのサポートボーイズ

・四星球という〆

 

 

 

 

 

2595