モテたい。いつでもモテたい。てゆーかマジでモテたくない?モテたい痩せたい恋をしてみたい、少しちやほやされてみたい。って歌があるけどまさにそうだ。包み隠さずに声を大にして言いたい。モテてみたい。マジでずっと喪女板見てた。喪ゲ女とか...懐かしいね...。それでめちゃくちゃ共感して、ドゥフドゥフ笑ってた。こりゃモテない。異性に限らず、人に好かれたいというか、モテたい。いつになっても口をついて出てくるのは、私のお粗末な青春時代を取り返したいからだと思う。

ずっとずっとパッとしない子だった、いや今でもそうだ。吹奏楽一筋で引退すれば勉強、というように、中学も高校も過ごしてきた。自分にだけ向き合ってきた青春たち...。それはそれで悪いものじゃなかったし、いい経験だった。なんなら今の自分よりあの頃の自分の方が好きだ。でもやっぱ絶望的にモテなかったよな。ありのままで受け入れて!みたいな自我が強すぎるし、偏屈で卑屈だし、ずんぐりむっくりだし、なんとも。モテるってなんだ、もう書きすぎて分からなくなってきた。

 

モテたい。最近ある決断をした。就職先を決めました。今までやっていた勉強とは全く関係ないことだけど、将来性はある仕事だと思ってるので、頑張りたい。けっこう大変そうで、全国転勤。でも楽な仕事なんてないだろうし、人生で最初につく仕事には、合ってるんじゃないかなと思う。本当にポンコツな私にはちょっと、いやすごく背伸びしないといけなくて、こういうバリバリでバチバチの仕事に就くことは、多分だけど、また自分に向き合うことになるんじゃないかなと。吹奏楽とか、勉強とか、真面目にやってた自分に戻れるかなぁ、そう期待して、この決断をした。多分自分には無理だろうなでやめるのダサいから頑張ってみることにした。死んだりしないように見守っててね。自分に向き合って、またモテない。モテない人生。まぁでもあれだよ、性に合ってるんだと思う。

 

昔家族でよく行った隣県の水族館が長期閉館になってしまうらしい。不況だ、と思った。長期閉館とか言って、もう二度と開くことはないんだろう。魚達はどこへ行くのか...と思っていたら、リニューアルオープンするらしい。建て替え!驚いた。あんな片田舎の水族館が!意外と儲かっているんだな、というかなんだよ、意外とイケてるんじゃないか世間。新潟上越の小さな水族館。新潟上越、流行ってるしね。イケてるな。私もがんばろ~。

 

この日記死ぬほど砕けてるな、それもいっか。おわり~

水流のロック

水流のロック

  • 日食なつこ
  • J-Pop
  • ¥250



1168

 

 

20日ぶりに家に帰ろうとしています。私自身、一体いつどこにいたか思い出せない。7月、全然記憶が無い。あんまり夏が来た実感もないのは、夏服を着てないからでしょうか。真っ黒なスーツ、ただただ暑い。顔も暗いしね、喪服みたいだよ、センスないよなほんと。就活は、ひと段落したけど、まだちょっとだけ続く。でも人生はもっとずーっと続く(多分)。

なんだかすっかり日記が書けなくなってしまった。それはパソコンが使えない環境だからとかではなくて、何を書いたらいいかわからないから。伝えたいことも、書いて発散したいような渦巻いた思いも、それを書く気力も、すっかりなくなってしまった。

 

久しぶりに実家に帰って久しぶりに体重計に乗ったらいまだかつてないくらい太ってた。まじで?????もう夏だしだんだん取り返しがつかない事になっていくなぁ。デフォルトがデブなので、激増!みたいなのが今まであんまりなくて、「増えたらそのうち減るでしょ~」って感じで気にしてなかったし実際そうだったけど、すごい。すごいヤバイ。もうモチモチとかぷにぷにとかおこがましい...今までも言ってなかったけど...。全身ブヨブヨ...なにこれ...。もう何から手をつけていいかも分からんくらいヤバイ。体が贅肉まみれで気持ち悪い...頑張って痩せたいと思います。でも来週ビアガーデンだ...楽しみすぎるのでビアガーデン終わったら痩せます。たくさんビアー飲みたいです、夏!!

 

あと東京でどうしてもコンタクトが足りなくなってしまって、眼科へいったらアレルギーだからコンタクトお休みしてください、とのこと。まじで.............。毎日目薬をよくさして早く治したいと思います。健康って大事ですね。何よりも大事。視力も下がってた。目良くなりたい。

 

GLIM SPANKYの「大人になったら」、

就活の終盤でずっと聴いてた。面接帰り、雨降りの茅場町で、悔しくて傘の中で泣いた。思い出の曲になってしまった。やっぱり私は、自分のことを貶しながらも自己愛に溢れてて、自分を守りたいし、覚悟は全然ない。

こんなロックは知らない 要らない

聴かない君が

上手に世間を渡っていくけど

聴こえているかい

この世の全ては

大人になったら解るのかい

 

大人になったら

大人になったら

  • GLIM SPANKY
  • ロック
  • ¥250

 

 

1000


 

偏見が一番の敵だ、私が作った偏見でいくつもの可能性を潰してきた。私のこと、私が潰してきた。取捨選択はもちろん大事だ。最初からなんでも信じたり受け入れたりすることは怖いし、わからなかった時は悲しいし、傷つきたくないんだよ、無駄打ちなんてしたくないし安牌選んで行きたいな。でもそれでいくつもいくつも潰した。

それに今気付けてよかったね。潰れた可能性たちは甦るかな、それはちょっと無理かな。毎晩毎晩それっきり目覚めないつもりで眠って、毎朝毎朝新しい自分で生まれたつもりで起きて、毎日生き返したい、ぶっ生き返すぞ!

 

例えば久しぶりに飲んだ缶チューハイが美味しかったこと、ニラは蒸すとおいしいと教えてもらったこと、iPhoneはたまにケースを外して使うと気持ちいいこと、あの店の店主のおすすめが心地よいこと、サンダルを買ってしまったこと、そんなことでいい。

 

the pillowsがツアーするってさ、行きたいな。10月は(当たれば)小山田壮平、(行ければ)ナードマグネット、(学祭と被らなければ)コレクターズだ。あついな~。あとウェリントンズも行けたらいいな。

 

実家に帰ってきました。帝一の國おもしろっ。映画もみたい。ライチ☆光クラブも読みたい。おやすみなさい。

 

 

532

今日も明日も自分を無駄打ち!バンバーン!!

もっと実りのあるブログを書くべきなのか...。メルカリの発送方法とか書いてたら、ブログで食べていけるかな。

 

 最近はといえば風をたくさん含むブラウスが欲しくて、でもお金は使えなくて、理想通りのものもなくて、だんだん物欲が失せていきますね...。風で膨らむシャツがナントカって歌を聴いたらそういう服が欲しくなっちゃうな。袖が大きくて半袖よりは長くて、肩がちょっと落ちてて、素材はテロテロしてて、とにかく風をいっぱい含むのがいいんです。友達が作った真鍮の細い腕輪に似合いそうな白で。

ワンマン電車の整理券に思いを馳せる。どこまでだって行けてしまう、こんなの!君がその気なら!誰に知られることもなく、決めた場所が目的地になる。すごいシステムだ。東京じゃこうはいかないからね多分。わたしはこの街が好きだ、とても好きだ。離れるときにはきっときっと泣いてしまう。遠い街から帰りながらそう思った。勝手だなほんと、勝手なんですよ。

とにかく止まらず進んでいないといけないことが苦手だ。根が一休さんなのでいくらでも一休み一休みしたい。人間は動く歩道なんて作ってバカみたいだ、どれだけ生き急いだって足りないし、私の歩幅じゃ足がもつれてすぐ転んでしまう。全然立ち直れなくてずっと這いずり回ってる、でも、もつれた足で走らなきゃね!

 

深夜高速

深夜高速

 

 こういうことですよ。おしまい

 

 

653

 

手帳に日記をつけている。3月の終わりから毎日。どんだけ日記好きなんだよって感じだけど、ブログはもはや日記ではないから…。で、その日記を読み返してたらあまりにも暗すぎて笑ってしまった。泣きすぎわろた。冷静に振り返ってみればこんなもん。いつか今日だって笑い話になるかな。今日の朝ごはんは玉ねぎとコンビーフのトースト。コーヒー。

本当は荷造りをしないといけない。明日の朝早くにまた出発。でも今日は久しぶりにともだちのライブに行って、すごくよかった。ホカホカする!みんなかっこよかったな、すごくかっこよかった。ステージの上は暑かったっけ、怖かったっけ。そんなことすら思い出せなかった。自分で決めたことなのにもうフラストレーションで倒れそうで困った。私もはやくバンドしたいな。もうそのエネルギーだけで就活してる。推進力、原動力。それでもいいか、希望の光なんてなくたっていいじゃないか。

ちゃんとがんばろー。一週間くらい自分ちに帰って思う存分だらけて遊んで泣いてをした結果。

 

行き詰まりを開き直ることと自分の身と心を売った自己開示によって人の懐に入るのはきっと私の武器だ。うつむいたままで踊ろうぜ!

TRAGICOMEDY

TRAGICOMEDY

  • ナードマグネット
  • ロック
  • ¥150

 

近所の玄関先で、クチナシが咲いてた。いい香り。夏野菜と豚ひき肉をカレーの味で炒めておいたのとチーズを食パンに乗せて焼いた。朝(昼)ごはん。あとカフェオレ。

the pillowsのストレンジカメレオンがふと聴きたくなって、朝からちょっと泣いた。バンドのことを歌った曲だそうですね。思い入れがあるからということもあるけど、本当に純粋な気持ちでこの歌が好きだ。優しい。長いけど、その中のどこが欠けても成立しないんじゃないかな~と思う。そのくらい歌詞が好き。曲ももちろん好き。自分のバンドのことや、私自身のこと、最近のこと、昔のこと、いろんなことを思い浮かべて、泣いたりする。劣等感にまみれてて、でもプライドがあって、自分の事を認めたいし、認めてほしいし

とにかく定番だけど好きな歌!

たとえ世界はでたらめで タネも仕掛けもあって

生まれたままの色じゃもうだめだって気づいても

逆立ちしても変わらない 滅びる覚悟はできてるのさ

  うーーーーん!好き!

退廃的というか。この世のもの(あの世のことがわからないので比較できないけど)って、全部終わるし、なくなってしまうと思ってて、良いものも悪いものも全部含めて。人だってみんな死ぬし。それがいつ来るかわからないだけで、私だって明日、いや次の瞬間には死ぬかもしれないし、もしかしたら地球が滅亡して、誰もいなくなるかもだし…。そういう歌が好きだ。今バンドを組んでいて、曲を作る人がすごくそういう歌を歌ってくれて、本当にその歌が好き。例えばライブハウスにも呼ばれなくなって、お客さんも来なくなって、バンドが終わったりして、「怖いもの知らずで/時代ははしゃぎまわり/僕と君の過ごしたページは破り去られ/歴史には価値のない化石の一つに」なったとしても、ずっと聴いていたい。一緒に化石になるのだ。死に損ねたロッカーに冥福を!

 

謝り癖がついた。ていうか元々あったのかもしれないけど、悪化したと思う。謝り癖って土俵を降りる癖だ。さんざん楽しようとして争いを避けて土俵を降りて来たツケが回ってきた。最近の私には、ツケが回ってきたって言葉が一番しっくりくる。

そういえばゼミも土俵を降りて決めてしまった。でも、最近卒論のことがちょっと軌道に乗ってきたというか、いや今は卒論に集中してる場合じゃないんだけど、楽しくなってきたというか。まるで世の中に役に立たないだろうな、でも面白い自信がある。楽しみ。こうやって行動に移す前、考えてる間は楽しいんだよな。大体なんでもそう。夏休みとかね。ツケはまわってきてるけど、土俵を降りても悪く転ぶことばっかりではないかもしれない。あるいは巻き返しが大事かもしれない。

 

世界で一番きれいなストレンジカメレオンを見たことがある。聴いたんじゃなくて見たんだ、あれはまぎれもなく光だった。

 実はフリクリは通ってないので、いろいろ落ち着いたら観てみたい。

 

1284

 

昨日の夜は豪雨で、久しぶりに雨戸を閉めた。

地域によって家は変わる。昔社会科で習った気がするけど、住んでやっと実感する。地元は寒さが厳しくて、窓は絶対に二重だったし、玄関が二重の家もあった。激しい雨が降る地域の今の家には雨戸がついていて、この家に引っ越してきて初めて見た。雨戸が好きだ。もう何にも知りません~さようなら~感。どんな豪雨も、それを閉めてしまえばいつも通り。外を、人の生活を締め出してしまえば、私だけの生活だ。シャットアウト!

泣くな、はらちゃんというドラマの「私の世界」という曲が好きで、悲しいこと報われないことがあると聴いてしまう。その感覚に似ている。

世界中の敵に降参さ

戦う意志はない

世界中の人の幸せを祈ります

弱弱しくて情けない。いつもそう。ずっとそう。昨日の夜は久しぶりにandymori

DVDを観ながら眠った。何かが不安な時は大体「秋の楽園ツアー」。どのDVDも好きだしよく観てるけど、秋の楽園ツアーを一番観てる気がする。擦り切れるほど観てるつもりだけど、なかなか擦り切れませんね。

高校生の頃、やついフェスをテレビで特集してて、アンディモリが出るというから観てみたらそのライブがすごくよかった。「革命」だったな。ものすごく短いライブ映像を何回も何回も何回も観た。

それに感動して買ったDVDが、秋の楽園ツアー。なんで一番最初の野音から買わなかったのかはあんまり思い出せない。あれがあのときは一番新しかったんだっけ…。なにしろ生まれてはじめて買ったライブDVDだった。オレンジトレインのあたりですごく怖い感じになってドキドキした。あと、あのDVDにしか入ってない曲がすっごく好きだった。「在る光」とか。「なんにもない」けど「在る光」なのね、と思う。うーん。「パーティーは終わった」の明るい寂しさも好きだ。一番好きなのは、「706号室」。どこがと言われると難しいけど!

好きな物があっても、感想を言葉にするのはとても難しい。こんなに言葉にできないことが多いんじゃ、なんのために文にしてるのかわかんないな。わかんないわかんないってお前はわかんないことばっかりだな。だって無知は居心地がいいから。

 

今日の朝(昼)ごはんはオイルサーディンのトースト。いつもは6枚切りだけど、売り切れてたから仕方なく5枚切り。スーパーで一番安いやつ。粒マスタードを塗って、缶の半分ほどのイワシを並べて、玉ねぎのスライスをのせて、焼いた。おいしかった。オイルサーディンって初めて食べた気がするけど、サバサンドとかツナサンドとかあるし、予想通りの味だった。見た目はあんまりきれいじゃなかった。イワシの背中、光ってきれい♡とか言えない。私はね。芸術がわからない。芸術もわからない。

 

今日は夏至だったみたい。確かに日が落ちるのが遅かった気もするし、そうでもなかった気もする。そんな素晴らしい日だと知っていたら、かき氷のシロップと、炭酸水と、大きめの氷と、アイスクリーム(と、余裕があればシロップ漬けのさくらんぼ)を買って、クリームソーダを作って飲むみたいな、優雅なことがしたかった。でもそれに合う長いグラスもストローもやる気もないから無理だ。想像だけで満足した。夏だなー。ロマンチストの妄想族に拍車がかかるなぁ。

今日の日記、読み返してみたら、自分の外のことは何もわからない/知りたくない、ということしか書いてなかった。だって無知は居心地がいいから。知らない方がいいことの方が多い。

あーこの世の全て、誰にも傷つけられず、誰も傷つけずに、生きてみたかった。誰にも知られず、誰も知らずに、生きてみたかったけど、そんなの嘘っぱちだよな。

 

1503